↓借金の匿名&無料相談は街角法律相談所↓

債務整理の相談は早めに

債務整理の無料相談について解説する女性

債務整理の無料相談は年々増加しています。
というのも現在、日本には、200万人とも300万人とも言われる借金で悩まれている方がいます。
過払い金請求や債務整理のテレビCMなどをよく見かけますが、実際に債務を整理しようという方は、意外にも少ないのが現状のようです。
専門家に相談したという方は、全体のほんの一部でしかありません。
多くの方が、自分が借りたものだからと、一生懸命返済をしているわけです。

 

ですが、そのように一生懸命返済している方こそ、問題を大きくしてしまう人に他ならないのです。

 

真面目に返済しているのになぜと思われるかもしれません。
それで完済することができればいいのですが、行き詰まるのがわかっているのに返済を続けていたとしたらどうでしょう。
相談するための費用もなくなるまで頑張り続けた結果、どこにも相談することができず夜逃げするしかなくなってしまう方も多いのです。
それでは、周囲に迷惑をかけるだけでなく、自分や家族の幸せを台無しにしてしまうことにもなります。
それよりも、これは返済するのが無理だと思ったなら、無理なのだと認める勇気も必要でしょう。

 

債務整理にはいくつか種類があります。
任意整理、自己破産、個人再生などがありますが、長い間返済されているのなら過払い金返還請求ができるかもしれません。
過払い金返還請求ができれば、債務を減らすこともできます。

 

もう無理かもしれないと思ったなら、ぐずぐずせずに専門家に相談しましょう。

 

無料相談を行っているところもありますから、まずは相談をして今後のことを決めてはいかがでしょうか。

 

借金の無料相談ができる窓口

サルート法律事務所

サルート法律事務所

 

 

樋口総合法律事務所

樋口総合法律事務所

 

 

ふづき法律事務所

ふづき法律事務所

 

 

債務整理の方法

債務整理といっても、実は大きく4つに分けられます。
ここでは、その4つの内容についてご説明して行きます。

 

過払い金返還請求

過払い金返還請求とは、その名のとおり払いすぎたお金を返還してもらうことを指します。
消費者金融からお金を借りると、その金額や期間によって利息がかかります。
しかし、この金利の中にはグレーゾーン金利と呼ばれる、本来とってはいけない金利がありました。
それのグレーゾーン金利に当たるお金を取り返すことができるのです。
そうすることで、現在の借金残高を減らす、あるいはなくすことができる方も中にはいらっしゃいます。

 

任意整理

任意整理とは、主に借金の減額交渉になります。
過払い金も含めた借金整理、減額交渉を全て司法書士が行ってくれますので、裁判所へ足を運んだりすることも不要です。
任意整理で借金を整理することで、完済を目指すことができますから、自己破産を避けることができます。
どのくらい借金を減らすことができるかは人それぞれですが、中には借金が全てなくなったという方もいます。

 

自己破産

自己破産すると、借金は全て免除されます。
※税金は免除されません。
借金の返済が不可能となれば、誰でも手続きをすることができます。
自己破産してしまえば、もう借金返済の義務はありませんので取立てなどが来ることもなくなります。
ただし、ブラックリストになってしまいますから、ローンや借り入れ、クレジットカードなどをつくることができなくなります。
また、財産が処分されたりすることもありますので注意が必要です。

 

個人再生

個人再生は、一定の収入がある方で借金総額が5000万円を超えていない場合、その借金を減額して完済することを目指す借金整理のことを指します。
個人再生の場合は、その手続きなどに多少の費用がかかりますが、元の借金は減額されますので、計画的な完済を進めることが可能です。

 

どの方法をとるにしても、まずは専門家への相談がベストです。
今、自分にとってどの方法が最適なのかを素人考えで判断するのはリスクもあります。
専門家のアドバイスを受けた上で、的確な手段を選択するのが良いでしょう。

 

 

どうしても立ち行かなくなったなら

債務整理の無料相談を検討中の女性

住宅ローンやマイカーローン、クレジットカードでの買い物に、旅行代金を払うフリーローンやキャッシングといくつもの債務を抱えて辛い状況にあるという方はいませんか?
借り入れは計画的にとはいいますが、借金を重ねてしまう人はなかなかこれができません。

 

一方、計画的に借り入れしたつもりが、突然のリストラや、自営業者が病気や事故により働けなくなるなど、返済が難しくなる状況が襲ってくる場合もあります。
人生には何が起こるか分かりません。
備えあれば憂いなしといいますが、支払いに充てるべき貯金も財産もない場合には、どうにも立ち行かなくなります。

 

そんなとき、もしあなたならどうしますか?

 

親や親せきにお金を借りると、考える方もいるかもしれません。
貸してもらえればいいですが、必ずしも現在抱えている債務を返済できるに足る金額が得られるとは限りません。
だからといって、ヤミ金などに手を出しては、さらに借金に苦しむことになります。

 

では、どうしても立ち行かなくなったときに、債務を軽減したり免除してもらえる制度があるのをご存知でしょうか。
そんな甘い制度があるのかと思われるかもしれませんこの制度は債務整理といって、どうしても債務の返済が困難になった場合に、生活を建て直しやり直すチャンスを与えてくれるものです。

 

何ごとにおいても、人生には失敗はつきものです。
一度くらい借り入れで失敗しても、立ち直るチャンスを与え、これからは間違いのないよう生活しなさい、というのが債務整理の制度です。